手術前の準備(のどの具合)

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


インプラントの治療を受けるためには外科的手術が必要となります。

手術を受けるに前には詳細についての説明があると思いますが、どのような手術が行なわれるのか痛みがあるのかなど患者さんの不安はいろいろだと思います。

けれど、手術を受ける前に確認しておかなければならないことがあるのです。

確認しておくべきことはいくつかあるのですが、その中の一つが「のどに水をためておくことができるか」です。

不思議に思うかもしれませんが、のどの状態には個人差が大きくのどの筋力についても同様です。

例えば歯医者に行った時に、通常の治療でものどに水がたまって苦しくなる時ありますよね。
高齢などになってのどの筋力が衰えてしまうと、のどに水をためておくことが難しくなるそうです。

インプラントの手術は15分程度で終わりますから、あまり不安に思う必要はありませんが、試しに口に少し水を含んで上を向き鼻呼吸でどれくらい我慢できるか挑戦してみましょう。

2分ほど我慢できるようであれば問題なく治療が受けられます。

できなかった人も練習を行なうことでできるようになるそうですし、もしどうしてものどに水をためることができなくても医師に相談することで手術が可能になる場合もありえます。

手術はその人の状態に合せて行なわれますから、あまり不安に思わずでも不安に感じることは医師に相談することを心がけることで、インプラント治療をスムーズに行うことができるのではないでしょうか。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ