サイナスリフト法とは?

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


自分の歯とほとんど変わらない歯を取り戻すことができるインプラントは、最近とても注目されています。
そしてインプラント手術を望む人が増えているのと、比例するようにインプラントの技術も進歩しています。

サイナスリフト法とは、その中の一つで、上あごの骨の厚みなどが不足しているためにインプラント治療が難しいと考えられていた人たちにも、インプラントの治療が可能になるようにと開発されました。

上あごの奥歯を失った人の多くはその部分の骨量が減ってきてしまいます。

今までは、骨の厚みや高さなどが少ないとインプラントの治療を断念するか、短いインプラントを使って治療を行うかのどちらかでした。

けれど、短いインプラントを使って治療をした場合には、どの程度の間持たせることができるのか不安が残りますね。

サイナスリフト法とは、このような骨量の少ない人に骨量、骨高を増やす処置を行なって、インプラント手術を受けられるようにするというものです。

具体的な方法は上あごにある空洞の部分に移植骨など専用の素材を入れて、上あごにインプラントを埋め込むための土台を作るというものです。

デメリットは土台として作った部分が硬くなるまで、インプラントを埋め込むことができないので治療に時間がかかることです。インプラントを埋め込むまでに半年ほど必要な場合が多いようです。

またサイナスリフト法は、とても高度な技術が必要とされますので、この方法を扱っていない歯科医院も少なくないそうです。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ