結構歴史があるんです

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


インプラント治療ですが、この治療法はどのように発見され始まったのでしょうか。

チタンを用いたインプラント治療の始まりは1952年に起こった偶然なのです。

スウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士が、研究の為にウサギの体内にチタンで作られた生体顕微鏡用の器具を埋め込んだそうです。

ところが器具を外そうと思ったときに、骨と器具がくっついて外れなくなくなってしまったのです。
この偶然に起こった出来事が、現在のチタン製インプラントの始まりであったと言えるそうです。

ブローネマルク博士はその後13年間をかけて、チタンが骨へとくっつくことを歯科治療へ応用するための方法を調べていきました。

そして、チタンと骨を強く結合させることができる一定の法則を発見することができたのです。

ブローネマルク博士はこれをオッセオインテグレーション(骨結合)と名づけ1965年に、人工歯根として使用するための臨床応用を開始し現在のインプラントとなりました。

最初にインプラント治療を受けた男性のインプラントは、35年以上経った今も問題なく機能しているそうです。

ブローネマルク教授は1998年にチタン製のインプラントの功績で、スウェーデン政府からグランドプライズ賞を授与されました。

チタンと骨との結合は科学的に正しいと認められたと言えるでしょう。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ