妊娠中のインプラント治療

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


最近では、入れ歯やブリッジに次ぐ治療法として注目されているインプラントですが、妊娠中の人でも治療を受けることができるのでしょうか。

妊娠4ヶ月までの妊娠初期は流産の危険もありますし、つわりもあって精神的に不安定な状態になることが多いのでインプラント治療は避けたほうが良いと言われています。

妊娠5ヶ月から7ヶ月までの安定期の間であれば、インプラント手術を受けることは可能です。
けれど骨量が不足していて前処置が必要である場合など手術が難しい場合には避けた方が良いようです。

妊娠8ヶ月妊娠後期になると貧血気味になったり、お腹が張りやすくなったりしますから、インプラント手術は避けたほうが良いと思われます。

また、インプラントは手術が必要ですから、麻酔や抗生剤、鎮痛剤、レントゲンなどの使用が必要になりますね。
麻酔は無痛分娩に用いられる量よりもずっと少ない量ですから、心配はないとされています。

抗生剤、鎮痛剤の服用も、胎児への影響が極めて少ないとされているものを使うので、問題は無いというこです。
レントゲンも問題が無いとされていますが、妊娠中は撮影する回数を減らすなど考慮する場合が多いです。

妊娠中でも治療の時期を選ぶと、問題なくインプラント治療を受けることができるようですが、妊娠中はいろいろなことで不安を感じたりしますから、お腹の赤ちゃんを第一に考えて、慎重に治療を受けたほうが良いのではと思います。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ