従来の歯科治療との違いは?

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


最新の歯科医療の一つであるインプラントですが、従来の歯科治療とはどのように異なるのでしょうか。

インプラントは人工歯根を顎に埋め込み人工の歯を装着する治療方法です。
自分の歯のようにしっかり噛むことができることや、見た目の良さなどで最近とても注目されていますね。

従来では、歯を1本失ってしまった場合には、失った歯の両隣の歯を削ってまとめて固定するブリッジ法で治療されます。
インプラントで治療を行った場合には、失った歯のみに治療を行いますので、両隣の歯を不必要に傷つけることありません。

ブリッジは3本程度まとめて固定するのに対して、インプラントは1本のみの治療ですので自分の歯と同様の外観を取り戻すことができます。

歯を数本失ってしまった場合には、部分入れ歯で治療されることが多いようです。

これは健康な歯に針金をかけて入れ歯を固定しますので、やはり健康な歯に負担がかかってしまいます。
インプラントの治療では歯の無い部分に人工の歯を埋め込みますので、本数が増えても周囲の歯は傷つくことがありません。
歯を全部失った場合には総入れ歯になります。
総入れ歯は歯肉の吸着力で歯を支えますが不安定になりやすく味覚にも影響しがちです。

インプラントの場合は、数本のインプラントを埋め込むことで歯をしっかりと固定することが可能です。
入れ歯のように取り外す必要も無くしっかりと噛むことが可能なのです。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ