無痛治療はないのでしょうか・・

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


たくさんのメリットがとても魅力的なインプラントですが、治療を受けるためには外科的手術が必要となりますので、手術は大掛かりで痛みを伴う治療法と考えていいかと思います。

そんなイメージから、インプラント治療をしり込みしてしまう人も少なくないそうです。
実際には、手術にはもちろん局所麻酔を使用しておこないますから、痛みを感じることはほとんどありません。

けれど、それでも手術を受けるなんて怖いと思われる人が多いのも事実です。
そんな人たちの為にインプラント手術の際に静脈内鎮静法と呼ばれる無痛治療を行うこともできます。

これは手術前に点滴によって麻酔をかける方法で、うとうととした状態が1時間ほど続きその間に処置を終わりにすることができるというものです。

この方法は胃カメラなどの時にも使用されていて、治療が終わるまで全く痛みを感じることは無いということです。
痛みが怖くてインプラントの治療を受けるか、悩んでしまう人にはとても嬉しい方法ですよね。

けれど、この静脈内鎮静法を受けるためには胃を空にしておかなくてはなりません。
胃の中に食べ物があると麻酔中に吐いてしまったときに気管や肺などに入ってしまうことがあり大変な損傷が起こる可能性があるからです。

ですから、静脈内鎮静法を受けるための注意事項はきちんと守り、特に飲食に関わることについては厳守することが必要とされます。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ