手術前の準備(口の開き具合)

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


インプラントの手術を受けるためには、事前に必要な確認事項があります。

確認したい事はいくつかあるそうですが、その一つに「口をあけておくことができるかどうかがあります。
日常生活では気にも留めないことですが、インプラントの手術を受ける場合には事前の確認が必要となります。

確かに、歯を治療するにはどんなものでも口は開けておかなくてはいけませんよね。
どうしてこのような事項の確認が必要なのかと、疑問に思われる方も多いかもしれませんが、これはできるだけ安全に失敗などのないように手術を行なえるようにするために必要なことなのです。

インプラントの手術は15分程ですが、その間、口を大きくあけておくことができないとインプラントが挿入しづらくなり手術が難しいものになってしまいます。

ですからある程度、口をあけておくことができるかどうかを確認しておくことが必要なのです。

では、どの程度口が開けばよいかと言うと、人差し指、中指、薬指の3本を縦に並べて口の中に入れることができるくらいだそうです。

試してみるとなかなか難しく感じてしまう人もいるようですが、自分で試してみて、ちょっと難しいと感じられる人でも、練習していくうちに少しずつ開くようになっていくといいます。

でも無理はしないで、開かなかったら医師に相談する上で行うようにしてください。
インプラントの手術をスムーズに行なうためには、口を開くことは必要なことなので!


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ