手術に適さない人もいるんです

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


インプラントの治療は、希望すれば誰でも必ず受けることができるとは限らないのです。
では、どのような人がインプラント治療に適さないのでしょうか。

インプラント治療に適さない人は、妊娠中の人、歯根など感染症があったり歯周病の人や顎の骨量が少ない人、骨粗しょう症の人です。

このような場合には、事前に医師に適切な処置を施してもらうことによってインプラント治療が受けられるようになる場合もあるそうですが、そのためには十分な前準備が必要になります。

また16歳以下の人は顎の骨の成長が終わっていないので、インプラントの治療を受けることができません。

手術後はしばらくアルコールを控えなければなりませんから、アルコール依存症の人も手術を受けることはできません。
インプラントの材質であるチタンにアレルギーがある人もやはり、インプラント治療を受けることは難しいそうです。

また精神的な疾患などで、医師との意思疎通が困難な場合にも治療は難しいと言えるでしょう。

マスコミなどに取り上げられることも多くなり、身近なものになりつつあるインプラント治療ですが、治療を受けるために必要な条件は入れ歯やブリッジと比較すると多いようです。

妊婦さんはお腹の子のことも考えて、なるべく妊娠中ではなく妊娠する前に歯科医に行って検査をしたほうがいいかと思います。

インプラント治療を希望していても、自分がインプラント治療に適しているか否かを不安に思ったら、信頼できる医師に相談してみると良いでしょう。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ