古代インプラント

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


とても注目されているインプラントの治療ですが、歴史はとても古く古代から人工歯根は考えられ使用されてきたようです。

現在、最も古いものとされているインプラントは、紀元前550年頃にトルコで発見された石で作られたものだということです。
その他にも、インカ帝国でエメラルドで作られた人工歯根や中国やエジプトなどでは、象牙を使用した人工歯根が発見されています。

けれど、これらの発見された古代のインプラントは、実際に歯科治療のために使われていたものではなく、死者への副葬品や装飾として、儀式のために使用されたのではとも考えられています。

紀元600年頃にとても栄えた古代マヤ文明では、下顎に天然の抜去歯2本と真珠貝で作られたインプラントが埋め込まれた人の骨が発見されています。

歯科治療のために行ったわけでないにしても、そんな昔からインプラントのようなことをやっていたとは、本当にすごいの一言です。

この古代マヤ文明で発見された人骨に植えられたインプラントには、歯石がついているため長い期間実際に使用されていたと考えられています。

なので、このインプラントが実際に使用されたインプラントの最古のものだと考えられています。

また、インカ文明やアステカ文明でも古代に作られたインプラントが化石となって発見されています。

古代から失ってしまった歯を取り戻したいという人々の願いはとても大きく、さまざまな努力の結果古代インプラントを作り出していたのですね。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ