手術の流れ

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


インプラント治療を受けるためには手術が必要です。

手術と聞くと大掛かりで大変そうなイメージがありますが、実際にはどのようなことを行なうのでしょうか。

手術は麻酔を使って行ないますので、痛みを感じることはありません。
時間もそれほどかからないそうです。
実際の手術の流れは、まずインプラント手術が行なえるか本数は何本必要かなど、手術についての詳細を医師と相談して念入りな計画を立てます。

手術では、麻酔をした後に歯肉を切開してインプラントを入れるための穴を開け、ネジのような溝を掘ってインプラントを埋め込みます。

手術後はインプラントと骨が結合するまで時間を空けます。
結合するまでにかかる時間には個人差があるようですが、およそ1ヶ月から3ヶ月程度だそうです。

この期間中には、食事などに不便が無いように仮歯をつける場合もあるそうです。
時間を置いてインプラントと骨がしっかりとくっついたら、もう一度歯肉を切開して人工の歯を着ける準備に入ります。
その後歯肉の傷が治ったら、人工の歯を作るための型を取ります。

人工の歯が出来上がったら、最後にインプラントに歯を着けて治療の終了です。
インプラントの手術に不安を感じる人は手術の流れを知っておくことで多少不安は解消されるもかもしれません。
手術の詳細を主治医に聞いて不安を消し納得してからインプラント治療を受けましょう。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ