耐久性はどれくらい?

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


ブリッジや入れ歯と比べて、治療が大掛かりになることや、治療費のことを考えるとインプラントの耐久性はとても気になるところではないでしょうか。

インプラントは手入れをきちんとしておけば長い期間の使用が可能です。
メンテナンスや手入れをきちんと行なうことで、永久的に使用できるとも言われています。

インプラントは純チタン製なので、破損することはまずありません。
腐食防止の処置も施されていますので、40年以上前に移植されたインプラントが現在も問題なく使われている例もあるそうです。

ですから、インプラント治療を受ける際には、主治医の先生とアフターケアやメンテナンスについての相談をしておくことが大切です。

できるだけ長期間インプラントを使うために、何よりも大切なことはメンテナンスをきちんと行なうことです。

インプラントがダメになってしまう理由のほとんどが、歯周病だということです。

歯周病によって、インプラントの土台になっている骨が侵されてしまうことで、インプラントを支えることができなくなってしまうのです。

なので、歯周病にならないよう、また進行しないよう十分な管理が必要です。

歯周病などの予防のためには、食後すぐに歯を磨くなど自分自身で口腔環境を整えることや、定期的な検診などが必要となります。

歯周病などさまざまな危険因子を排除しインプラントを長持ちさせるためにも、定期的な検診は不可欠であると言えるでしょう。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ