デメリットも当然あります

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


インプラント治療を総じて、デンタルインプラントと呼んでいます。

デンタルインプラントは、虫歯や歯周病または事故などで自分の歯を失ってしまった場合に骨に人工歯根を埋め込むことで治療することを表します。

取り外す必要のある入れ歯や、失った歯の両隣の歯を削ることで失った歯をつくることができるブリッジなどに比べてメリットが多いために、現在では多くの人に選ばれているようです。

けれど、インプラントの治療にも欠点はいくつかあるそうです。
インプラントの治療を受けたいと思ったら十分なカウンセリングが必要となります。

誰もがインプラント治療を受けることができるわけではないので、状態によっては治療が受けられないこともあるそうです。

またインプラント治療は、治療期間が長くなってしまうという欠点もあります。
入れ歯やブリッジなら早ければ、1週間から10日程でできる治療をインプラントで治療する場合は早くても6週間、長くかかってしまう場合には3ヶ月程もかかるそうです。

さらに、インプラント治療は外科手術が必要となります。顎の骨や歯肉を削って、インプラントを埋め込む必要があるので出血や腫れ、あるいは細菌による感染症などにも十分な注意が必要です。

もちろん、手術が完了した後も歯石除去などの定期的なケアが必要となります。
インプラントを長持ちさせるためには衛生的な環境にしておく必要があるのです。

その他には入れ歯やブリッジなどの他の方法は保険適用で行うことも可能ですが、インプラント治療の場合には健康保険が適用されませんので自費治療となってしまいます。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ