1回法と2回法の違い

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


歯科治療の一つであるインプラントですが、インプラントの手術には1回法と2回法があるそうです。

1回で行なえる手術であれば2回も手術は受けたくないから、1回法でと思ってしまうところですが、2回法には2回法のメリットがありますから選択に悩んでしまうところです。

現在行なわれているインプラント手術はほとんど2回法です。

2回法が選ばれる理由には、手術の成功率の違いがあげられます。1回法はインプラントを骨に入れその後に口内に出すように処置を行ないます。

さらに人工歯を着けてるので、1回の手術で終らせることができます。ですが、1度の切開で全てを行なおうとすると感染のリスクも高くなりますし骨の厚さや高さが不足している人には向きません。

これに対して2回法では、まず始めに手術でインプラントを埋め込み一度歯茎を閉じてしまいます。3ヶ月から半年ほどの時間をかけてインプラントと骨がしっかりと結合するのを待ってから、2回目の手術を行ない人工の歯を着けるそうです。

2回に分けて手術を行なうことで手間も時間もかかってしまいますが期間をあけることで、インプラントと骨をしっかりと結合することが可能となり感染などのリスクも減らすことができます。

リスクを考慮した上でそれでも1回法での手術を希望する場合には信頼できる医師に十分説明を受けてから手術を受けるようにしましょう。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ