喫煙と歯周病とインプラント

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


喫煙をしていると歯周病を悪化させたり、治りが悪くなることがありインプラントを行なう際には失敗する原因にもなってしまいます。

これはタバコに含まれるニコチンに血管などを収縮させてしまう作用があるために、歯茎が歯周病になって炎症を起こしてしまっても出血が少なくなってしまうので、歯周病になっていることに気付かなく、さらに歯周病を悪化させてしまうことが、原因のひとつになっているからです。

このように歯周病の場合は歯茎などの組織に悪影響を与えてしまう喫煙ですが、歯周病と同様にインプラントを行なう場合にも喫煙をすることはあまり良くありません。

インプラントが失敗することは残念ながらありえますが、喫煙者と非喫煙者でインプラントの失敗率を比較すると喫煙者の失敗率が倍以上になってしまうという統計もあると言われています。

歯科医院によってインプラント治療を行う際に、禁煙を勧める歯科医院、特に禁煙を勧めない歯科医院など、喫煙についての考え方は歯科医師によって様々です。

けれど喫煙が体に害を与えてしまうことは間違いありませんので、インプラント治療を行う際には健康のためにも、インプラント治療のリスクを下げるためにも、これを機会に禁煙することを考えてみるのも良いのではないでしょうか。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ