歯周病との関係

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


現在とても注目されているインプラント治療ですが、希望した人が皆すぐに治療を行なえる場合ばかりではないそうです。

歯を失ってしまった原因が歯周病である場合には、まず歯周病の治療をしっかりと行う必要があるからです。

歯周病とは歯茎の歯周病菌によって、歯槽骨という歯の周囲の骨が溶けていく病気です。
歯槽骨が溶けていくと歯を支えることができなくなり歯が抜け落ちていきます。

インプラント治療ではチタンでできた歯根を骨に結合させることで固定しますから、普通の歯と同様に歯槽骨が溶けてしまうとインプラントの失敗に繋がってしまうそうです。

インプラント治療を成功させるためには、歯周病から口内を守り良い状態を保つことがとても大切です。

インプラント治療はとても高額ですが、治療にどれほどのお金をかけても、歯周病などで口内の状態が悪くなれば、失敗に終わってしまうのです。

ですから手術前に、歯周病をしっかりと治しインプラント手術が受けられる状態にすることが必要です。

また手術後も歯周病にならないよう注意して、歯磨きをきちんと行なうなどの十分なケアと歯科医師による定期的な検診が必要になります。

歯周病は痛みなどを伴うことなく進行していきますから、普段から口内を清潔に保ち定期的に歯科医師の検診を受け歯周病にならないように、進行させないように努力することが必要です。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ