最新の矯正治療!

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


インプラントは失ってしまった歯根を人工的に埋め込んで歯を取り戻す方法ですが、現在では歯科矯正にも使われているそうです。

インプラントをどのように矯正の治療に応用するのかを調べてみると、歯を移動させるための固定源としてインプラントを使用するそうです。

なぜインプラントを固定源に使用するのかというと、インプラントを使用することでより強く固定することができるので牽引する力を強くすることができ、矯正治療の期間が短縮できるそうです。

一般的な矯正の期間と比較すると、インプラントを使用した場合は、約半分の期間で治療が終わると言われています。

また、奥歯の位置を変えたい場合などで、今までは抜歯でスペースを作っていた場合においても、インプラントを埋め込んで固定源にすることで歯を抜歯することなく、奥歯を奥に動かしたりすることができるそうです。

大人の歯科矯正では欠損した歯が何本もあったり、また歯周病などで歯のまわりの骨が少なくなってしまったなど場合でも、インプラントによる矯正治療はとても効果的な場合が多いようです。

インプラントは歯科治療に使われるものだと思っていましたが、最新の歯科矯正にも積極的に使われているようですね。

インプラントはこれからの歯科治療だけではなく、歯科矯正においてもどんどん使われるようになるのかもしれませんね。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ