アメリカではどんな感じ?

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯並びについての捉え方は、国によって認識にかなりの違いがあります。

日本では歯並びの良し悪しによって、その人の人となりを判断するといった事はまずありませんよね。

反対に八重歯などは、可愛らしさや愛嬌の象徴としてプラスに捉えられている事もある程です。

ところが歯並びについての考えは欧米では厳しいものです。

欧米では歯並び当然の身だしなみの一つとして捉えます。ですから歯並び自体がその人の人生の背景、家柄、育ってきた環境、教養や文化的背景などを推測する材料になってきます。

日本でも、子供の将来のために高い教育を与えるために、日々努力を惜しまない親が多いものです。

欧米でも教育問題は大変重視されています。

ですが、日本では深刻に捉えられる事のない歯並びに関しても、欧米では大変注意が払われていいます。

子供が将来、大人になって社会にでたときに歯並びが原因で苦労をする事がないように、成人までに熾歯列矯正の治療を受けさせる親が多いです。

これは歯列矯正も親の義務の一つと捉えられているからかもしれません。

一生日本国内で過ごすというのなら歯並びに少々問題があっても特に困る事はないかもしれません。

ですが子供が人生において何を選択していくかということは親でも予測できない事です。そして小学校の授業でも英語が必須科目となってくるなど日本人においても英語の需要は高くなってきています。

もし将来、我が子が外資系の会社に就職し、欧米の方と肩を並べて仕事をするようになるかもしれないことを想定すれば、本人の能力やスキルとは別の部分であるはずの「歯並び」でハンデを負う事になってしまうかもしれません。「歯並びがキレイだ」というだけで自信が持て、表情が豊かになることも少なくないものです。

これから派ますます国際化が進んでいきます。日本社会においても、歯列矯正の必要性はどんどん高まっていく事でしょう。

歯列矯正には長い時間がかかります。興味がある方は一度調べてみてはいかがでしょうか?


サブコンテンツ

このページの先頭へ