子供、小児の治療するタイミング

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


子供の歯のことを心配して歯科医を訪れる親御さんは多いものです。

歯は食生活や言語能力にも深く関係しているため、子供の将来を心から心配する親にとって、歯並びの悪さは放置してはいけない問題ですよね。

相談に訪れる時期は、一生のお付き合いとなる永久歯が生え揃う、7歳から9歳ごろが多いようです

しかし中には、まだ永久歯も生え揃ってない、乳歯の段階の1~3歳くらいの幼児が相談に訪れる事もあるようです。定期健診で歯並びの異常を指摘された場合などです。

しかし中には不正咬合である事をあまりに気にしすぎて、そのことが食べ物の咀嚼や子供の成長に影響するのではと悩み、歯科医を訪れる親御さんもいらっしゃいます。

特に幼少期の子供の歯の状態については経過観察という方法を取る医師ほとんどです。

医療大国であるアメリカにおいても幼少期の歯に対しては自然治癒の可能性を期待するという考えが基本的です。

しかし、全てにおいて自然治癒の考え方が適用できるかといえばそうではありません。歯並びの異常からくる不正咬合の中には経過を観察しながらも、治療が必要な場合もあるからです。

子供の永久歯の生え変わりの順番をご存知ですか?

乳歯の場合は前歯から生えてくることが多いので永久歯も前歯からだろうと錯覚してしまいますが、実は違うんです。

永久歯は下顎第2乳臼歯の後方にある第1大臼歯(6歳臼歯)からです。次に下顎中切歯と言われる歯で、舌の前歯です。

永久歯と乳歯が混ざり合っている時期、生え変わりが上手くいかないと、歯並びが悪くなってしまいます。

生え変わりが上手くいかないのでは乳歯が頑張っているからなのですが、永久歯も当然生えてこようと頑張りますので問題が起こってくるわけです。

歯や歯並びは生きている限りずっとお付き合いしていかなければいけないものです。

歯並びやかみ合わせの問題は見た目だけでなく健康上にも悪影響を与える可能性があります。

そういったことを考えていくと歯列矯正も親としては子供の人生を考えるには避けて通れないもののようです。


サブコンテンツ

このページの先頭へ