開始時期は?

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯列矯正については実際に治療を受けた経験のある人もたくさんいらっしゃる事でしょう。

これから歯列矯正を始める、または子供の歯列矯正を検討しているという方にとって、非常に興味があるのが歯列矯正を始める時期ではないでしょうか?

大人になってから歯列矯正される方もいますが、大人になると仕事や家庭といった制約も多く、なかなか思うとおりには時間もつかないものです。その辺のことも考えれば、子供のうちに歯列矯正をと考える親が多いのも当然といえますよね。子供の歯列矯正に最適な時期は何時なのでしょうか?

もしお子さんの歯並びに気になる点があるのなら、治療の開始とは別に早めに歯科医に検診や相談をされることをお勧めします

乳歯には、「どうせ、生え変わる歯だから」と思っている親御さんもいらっしゃいますが、永久歯は乳歯と決して無関係ではありません。

もし乳歯が隙間なくキレイに並んで生えているような場合は要注意です。永久歯とは乳歯よりも大きい歯です。

乳歯で隙間のないスペースに永久歯が生えてくることは難しいでしょう。

ただ子供の場合は、検診は行うものの、すぐに治療となることは少なく経過観測となることが多いようです。

治療を要するケースでも、永久歯が全て生え揃うのを待つ歯科医がほとんどといってもいいでしょう。

子供の歯列矯正において問題になってくるのが、歯列矯正の治療の決定権が本人ではなく親にあるということです。

歯列矯正を受ける本人に治療の意志が無い場合、装置の装着などが、大変なストレスになることも考えられます。

また女の子の場合、初潮の前後の時期は歯列矯正を避けた方がいいようです。初潮というホルモンバランスの劇的な変化を迎える時期に、体に少なからず影響のある歯列矯正は適さないといえるからです。

少しでも子供の将来的な不安要素を取り除いてあげたいというのが親心です。

ですが大人になってからでも歯列矯正をすることは可能です。大人の歯列矯正は自分自身の意志で行うため治療期間が短くなる傾向にあるそうです。

ただ大人になってから歯列矯正をしようと思うと歯茎が健康であるという事が条件になってきます。歯列矯正をはじめる時期は年齢よりも本人の意思が最も大切だといえそうです。


サブコンテンツ

このページの先頭へ