リテーナーとは

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯列矯正で使用する装着器具の一つにリテーナーがあります。

歯列矯正に必要な器具の多くは、キレイな歯並びを作るために歯を移動させる為に使用されますが、リテーナーは、その反対に歯を動かないように固定させる器具です

マルチブランケットによる歯列矯正によっては並びやかみ合わせが整った状態は、素人から見れば治療が終了したかのように思えます。ですが、実はこの状態はとても不安定です。

歯列矯正で歯を移動するという事は歯の周りの骨がとける・新しく出来るということで成り立っています。

ですから器具によってきれいに並んでいる歯でも歯を押さえる骨の存在がきちんとできていないことが考えられます。

またもともとの歯の合うように形作られている歯と歯茎を結ぶ線維の形は、そんなに急に今の歯列矯正後の歯に合うように変化はしてくれませんので、絶えず元の形に戻そうとする力が働いています。

ですのでリテーナーでおさえる事が必要になってくるわけです。

リテーナーは歯を移動させるものではないので、装着によって痛みを感じるといった事はありません。もしつらい痛みがあるようなら、歯科医師に相談して少し緩めてもらうなどの対処をしてもらいましょう。

リテーナーは取り外しが可能な器具ですので、はずしたいと思うことが何度かあるかもしれませんが、マルチブラケットをはずしてから、歯が安定するまでにはおよそ1年くらいはかかるといわれます。

ですので歯磨きの時間以外は装着しておかなければなりません。

もしリテーナーの装着を忘れてしまうと、安定していない状態の歯ですから歯が移動してしまう、リテーナーが入らないといったトラブルが起こってしまいます。

せっかく今まで治療してキレイな歯並びを手に入れたのですから、ここで逆戻りは避けたいものです。付け忘れには注意してくださいね。

一年経過すれば、リテーナーをはずしての生活を少しずつスタートします。

はじめは食事の時間だけ、それから段階的に1時間・2時間・・・と延ばして行き最終的に就寝時のみのリテーナーの使用でも不都合のない状態にまでなれば、歯列矯正後の歯の不安定な状態もかなり解消されたことになります。

このリテーナーの装着時期も含めて全てが終了し、初めて歯列矯正の治療が完了した事になります。

治療にかかる期間は長いので、もし治療をしようと思うなら、治療の期間や、矯正器具のことも知った上ではじめる方が良いでしょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ