歯列矯正とは

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


人から見ればうらやむほどの美貌や才能を持っている人でも何かしらのコンプレックスを持っているものです。

もちろん自分の努力で克服する事の出来る問題もたくさんあります。

しかしコンプレックスを持つ原因の一つである歯並びなどはどうでしょう?この問題を自分で何とかするのは無理ですよね。

そこで必要になってくるのが歯医者です。虫歯の治療で歯医者に通った経験は、ほとんどの方がもっていらっしゃると思います。

歯列矯正を目的とする場合もやはり訪れるのは歯医者です。

では歯列矯正とは一体なんなのでしょうか?

歯列矯正を行う目的は大きく分けて2つです。

まずは見た目の問題の改善。歯並びが悪い、出っ歯、受け口といった特徴を歯列矯正することで取り除き、美しい歯並びと口元を手に入れる審美的な目的です。

2つ目に不正咬合の改善です。一般的に噛み合わせが悪いといわれる状態を改善する事です。

噛み合わせが悪いという事だけで、体の様々な部分に悪影響を及ぼします。

胃腸障害や肩こり、腰痛といったものも不正咬合が原因で起こるトラブルの一つです。

見た目の問題もさることながら健康な生活を維持していくことが出来るのなら歯列矯正によって得ることの出来るものは大きいといえます。

歯列矯正が必要になる不正咬合には、個々の歯の位置が不正、複数の歯の位置が不正、上下顎の歯列弓の位置関係の不正などがあります。

もし子供に、このような症状が見られる場合、親としては出来るだけ早い時期から対処してあげたいと思うことでしょう。

しかし歯列矯正に適切な時期というのは、個々の症状や歯の状態によって違ってきます。

大人になってからでも歯列矯正は出来ますので、気になる症状があるならばまずは相談にだけでも行っておくといいでしょう。

また歯列矯正に欠かせないのが歯を動かすための装置です。

この装置には、機械的な力で歯の移動や顎の成長の調整を行う機械的矯正装置と、それ自体なんら力を及ぼさせず、患者の口腔周囲の昨日を整える機能的矯正装置の2つがあります。

この他にも歯列矯正によって整った歯を維持する為に取り付けられる保定装置があります。

歯列矯正を簡単に説明するならば上記のようなことになりますが、歯列矯正にはメリットばかりではありません。

治療期間が長く、日常生活においても制限される事もでてきます。

そして何より、通院や定期健診の手間を面倒くさがらず、やり通す意志も大切です。


サブコンテンツ

このページの先頭へ