歯列矯正の期間と流れ

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


キレイな歯並びと美しい口元を手に入れることが出来る歯列矯正。

安全な方法であり、キレイな歯並びが与える自信など歯列矯正によって得ることのできるメリットは多いです。

ですがその反面、治療期間がとても長いため、治療による痛みや見た目の問題、食生活の制限といったデメリットがあることも事実です。

その為、治療を開始する前に、歯列矯正の治療の流れや期間を事前に知っておく必要があります。

それでは歯列矯正の期間や流れについて紹介しましょう。

歯列矯正に必要な治療期間は個々の症状により違いがありますので一概には言えません。ですが一般的な基準としてはマルチブラケットを装着してから2~3年といったところでしょう。

症例によってはこの範囲に治まらない事も多々ありますので、歯列矯正の治療をはじめる際には、自分の今後の大きな予定も含め、担当の歯科医師と診療方針や治療期間について良く話し合っておくことが大切です。

治療期間に関しては成人よりも子供の方が短くて済む傾向があります

これは大人よりも子供の方がマルチブラケット装着による歯の動きがいい事が関係しています。しかしマルチブラケットの装着が終わったからといって歯列矯正が終了する訳ではありません。

更にリテーナーという器具を歯が安定するまでの期間付けなければなりません。

この期間は早くて1年、理想としては矯正期間と同年数かそれ以上といわれています。

また、歯列矯正を始めるにあたってまず重要なのが歯科医院を探す事です。

長い期間お世話になることになるのですから、じっくりと検討してきめたいものです。まずは口コミやインターネットなどで下調べをし、気になるところを何軒かピックアップしてみましょう。

そして次にメールや電話等で問い合わせをします。そのときのスタッフの対応や質問への受け答えなどでクリニックの雰囲気は大体つかめるものです。

この時点で何か不信感を抱いてしまうようなら辞めておいた方が賢明でしょう。そして相談だけでもOKか?といった事や受付時間なども確認しておいた方がいいでしょう。

そしてクリニックが決まったら初診の予約を入れます。

初診では相談はもちろん、あなたの歯の状態を診察した上で、これからの治療計画や治療に要する期間や費用についての説明が行われます。

治療を受けるのはあなた自身なのですから疑問に思うことはきちんと質問し、解決しておきましょう。もし忘れそうならば、メモに箇条書きにして持っていくなどの準備をしておきましょう。

その後歯列矯正に必要な検査や診断が行われます。具体的にいえば歯や顔の写真、歯や顎の骨のレントゲン、歯型をとるなど様々な検査です。

もしここで検査に対して質問や疑問がある場合は躊躇せず聞いておきましょう。 検査や診断の結果、必要になれば抜歯をする可能性もあります。本格的に歯列矯正を始めるとなると、目的によって装着する装置をつけることになります。

個々の状態や症状によって使われる装置は変わってきますので医師の判断に従いましょう。装具があるため、歯磨きについての指導もあります。

そしてだいたい4週間に1度の通院になります。通院はワイヤー調節をしたり、装置がきちんと付けられているか、歯がどのような動きをしているか確かめるためのものです。

装具による矯正で歯並びが整った後は、歯が安定するまでリテーナーといわれる保定器具をつけます。

保定期間も3~6ヶ月に1度の通院が必要です。

これは歯の状態をチェックするためです。歯列矯正の治療としてはこれで終了ですが、その後も不具合が起こらないように定期健診を受けることが必要です。

とても長期間にわたる治療なので、辛いと思うことも少なくありません。ですが、それだけに人生において与えられるメリットは大きいものです。

歯列矯正をお考えなら、どういったものなのかをしっかり理解した上ではじめましょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ