認定医に相談する前に!

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯列矯正という名前や治療の事は知っていても、実際にどのような事が行われるのか?

期間はどれくらいなのか?といった詳細については知らない人が多いことでしょう。

そこで歯列矯正に関するF&Qについて紹介したいと思います。

Q:歯列矯正の治療に痛みはありますか?
F:はい。装置を付けて間もない頃には痛みを感じる場合が多いようです。ですが時間の経過とともに痛みは段々取れていきます。大体1週間位と考えておきましょう。痛みがある間は無理は禁物です。食生活においても硬いものを避け、豆腐やヨーグルトといった咀嚼があまり必要のない物を食べるか、麺類を柔らかくゆがくなどの工夫をしましょう。

Q:歯列矯正にかかる治療期間はどのくらいですか?
F:個人のはの状態や症状によって違ってきますので一概にはいえませんが、おおよそ2~3年くらいと考えておきましょう。最近では技術の進歩によりどんどん新しい新素材が開発されています。それらを使えばもっと短期間での治療も可能です。また歯列矯正の治療において、定期的な通院も必要です。各歯科医によって頻度は異なってきますが、1月に一回または2~3ヶ月に1回というのが平均的なようです。

Q:人にわからないように歯列矯正できますか?
F:歯の表面に付ける装置の場合、全くわからないというのは難しいといえます。ですが、セラミックやブラスチックの素材をえらうことで目立たなくする事は可能です。全く人目にわからない歯列矯正をというのなら歯の裏側から装置をつける方法があります。

Q:裏側からの歯列矯正の期間はどのくらいですか?
F:歯列矯正のことを記した本や文献の中には、裏側からの歯列矯正の方がより長く治療期間を要すると書かれているものもあります。ですが実際には表側からの装置の方が一回の治療時間が1.5倍~2倍かかるという話もあり、治療期間としての差はほとんどないといえます。

Q:歯列矯正するならお酒とタバコはやめなければいけませんか?
F:特に制限はありません。ただしお酒はともかく、タバコの場合は歯列矯正の装置や歯が着色してしまう可能性があることを覚えて起きましょう。

Q:歯列矯正後の食事は?
F:歯列矯正の治療をはじめたばかりの頃は、歯が動き始めるため、痛み止めを飲むまでは行かなくとも多少の痛み1週間位は続きます。しばらくは食事を取りにくくなりますので、大幅に痩せてしまう方も中にはいらっしゃいます。

Q:歯科矯正中に妊娠してしまいました。
F:歯列矯正が妊娠に悪影響を与えるという事はありませんが、レントゲンなど妊娠期間中行えない検査もありますので、担当の歯科医にきちんと相談しましょう。

Q:歯列矯正中だけど長期出張の予定が・・・。
F:歯列矯正中でも2~3ヶ月位なら問題はないでしょう。ですが装置が壊れると大変ですので気をつけましょう。

上記以外にも歯列矯正の治療に対する疑問はたくさんあるでしょう。

治療後では参考にならないので、興味のある方は事前に調べておくといいでしょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ