抜歯も時には必要

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯列矯正は専用の器具を遣い歯並びをキレイに矯正する治療法です。

メスを使った手術をしないことが特徴でもある治療法ですが、この症状や顎または歯並びの状態によっては抜歯が必要になってくることもあります。

歯列矯正は歯並びや歯のかみ合わせを矯正するために行うものです。ですので抜歯をするといっても、歯自体に虫歯などの問題がある訳ではありません。むしろ健康な歯である可能性の方が高いと言えます。

誰しも健康な歯を抜く事に対して少しは抵抗を感じてしまうのではないでしょうか?

歯列矯正において抜歯が必要となるケースは、上顎前突や下顎前突・上下顎前突の治療において、歯を全部温存する事で、歯をキレイに並べるスペースを確保す事るや奥歯を動かす事が難しいと判断された場合です。

抜歯が必要になるのは成長期を終えた成人がほとんどです。

3人掛けベンチにどんなに無理をしても5人や6人は座れませんよね。たとえ無理をして座れたとしてもすぐに限界が来てしまいます。歯の空間においても同じことが言えます。

抜歯の対象となる歯は、できるだけ抜歯による日常生活への影響を最小限にするためにも、咀嚼や他の動作にも影響のない歯を選んで抜きます。

歯科医師の言葉でいえば「便宜抜去」といいます。

抜歯される歯は、前歯から数えて4番目の歯で、上下左右合わせて4本です。ここを抜く事で前歯の位置を動かし易くなるといった利点もあります。

歯並びで問題になってくる「八重歯」といわれる状態の犬歯の側にある歯です。

歯を抜く抜かないは、個々の状況にあわせたケースバイケースですので一概に、抜歯の必要性については断定できません。

抜歯の必要性についての論争は、実は60年も前にアメリカにおいて激しい対決が起こっています。

抜歯派と非抜歯派に分かれた結果、抜歯派に軍配が上がったようです。

日本でも抜歯を支持する流れが強かったようですが、最近ではなるべく抜歯をしない方法を模索する医師も増えつつあります。

「健康な歯はなるべく抜きたくない。」という主張は患者側はもちろんの事、医師側からも同じ事が言えるのではないでしょうか?

ですがあくまで「なるべく抜歯をしない治療」を目指すだけで、決して抜歯を行わないということではありません。なぜなら、歯列矯正においてはどうしても抜歯が必要になってくるケースもあるからです

それは治療上、必要な処置といえます。ですので、絶対に抜歯をしないということを売り文句にしているような医師は信用しないほうが良いといえます。


サブコンテンツ

このページの先頭へ