悪い噛み合わせが起こす症状

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯列矯正によってきれいな歯並びを手に入れること、これは一見、見た目の問題をクリアにすることが一番のポイントのように思えます。

ですが歯列矯正によって改善が期待される最大のポイントは噛み合わせです。噛み合わせの良し悪しは、一般的に人が思っている以上にあらゆる健康問題に深く関係しています。

噛みあわせが悪い事が歯や口内環境に及ぼす悪影響だけでもたくさんあります。

歯並びが悪い事によって、食べ物のカスが隙間に詰まり易く、歯磨きの際にも歯並びが悪いと隅々まできれいに磨く事は非常に困難です。

その為、食べかすがたまり、磨き残した部分は細菌の格好の餌場になります。

虫歯や歯周病の原因となることは言わなくてもわかりますよね。

また噛み合わせが悪い事によって、必然的に噛む回数が減りますので、唾液の分泌も減り口の自浄作用の能力が落ちてきます。どうしても片噛みになってしまいがちで、使わない方が弱ってきてしまうのです。

これらの事が全て歯周病を起こす要因となってしまいます。

噛み合わせが悪影響を与えるのは口の中だけではありません。胃腸や肩の凝り・偏頭痛といった事にまで影響してきます。噛み合わせとは何の関係もない様に思われるこれらの症状ですが、実は密接に関係しています。

噛み合わせの悪い状態で食事を取ることによって、きちんと咀嚼されていない状態の食べ物が胃や腸にいく事になります。当然消化器官である胃腸には余計な負担がかかってしまいます。

また人の体というのは一部分だけでなくトータルでバランスをとろうとする働きがあります。ですので噛み合わせのずれが顎へそれから首や肩へそして腰へと全身のズレへと繋がっていくのです。

筋肉のゆがみや骨格のずれは体の不調を引き起こす大きな原因になりますよね。

時には、視力低下や耳鳴りといった軽視できない症状へと発展していく事もあります。また噛み合わせの悪さは肉体だけでなく精神的にも影響を及ぼします。

人が歯軋りするのを聞いた事はありますか?実は歯軋りはストレスを発散するために自然と行う行為なのです。噛み合わせが悪いと歯軋りをうまくする事が出来ません。

噛まない事がイライラや集中力低下・記憶力低下などを引き起こす事を知っていますか?

精神的なことが大きく関係するアトピーやアレルギーを悪化させる可能性もあります。

少し大げさに思うかもしれませんが、噛み合わせから来る体調不調を知る事で、歯列矯正の重要さも理解できますよね。


サブコンテンツ

このページの先頭へ