矯正の装置について

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯列矯正に治療に用いる器具とはどういったものでしょうか?

大まかには着脱式と固定式の二種類に分類されます。

どちらの装置を使うかは、治療の用途に決まってきますので、どちらかに優劣がつくといったものではありません。ただ着脱式の物の場合は、医師の指示にきちんと従わなければ結果がでないという事も考えられます。

歯列矯正は個人差はあるものの痛みがあります。ですので、矯正器具をはずしたまま装着しない患者さんもいるそうです。これでは矯正器具の意味がありませんよね。

着脱が出来ない固定式にはこの心配はいりません。固定式で最も一般的に使用されるのがマルチブラケットという器具です。

誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

歯の表面に装着するタイプの矯正器具です。口元は生活の中で「話す」「食べる」といった動作に関わる部分であるだけに人目が気になる方も多いことでしょう。

見た目の問題をカバーするために極力目立たない材質で出来たブランケットも開発されてはいますが、歯の表面に装着している以上、完全に隠す、わからない様にするといったことは無理でしょう

特に若い女性は見た目の印象を重視するのは当然ですし、女性でなくても接客業や営業職といった常に人と会うことをお仕事にしている方にとっても見た目の印象は軽視できない部分ですよね。

「歯列矯正なんだから、我慢も必要」とは言うものの歯列矯正は長い治療期間が必要になります、その間毎日装置を装着しなければいけない訳ですから、できるだけ患者さんのストレスの少ない状態で治療したいものです。

どうしても歯の表面に付けるブラケットに抵抗がある方には「舌側ブラケット」がお勧めです。歯の裏側に矯正器具を装着する方法です。

実際にに歯科医でも歯科矯正の見た目を気にしていた患者さんには高い支持を受けている方法です。この他にも様々なニーズに応えるべく、特殊な装置もありますが、一般的なものがマルチブラケットと舌側ブラケットです。

一度歯列矯正の治療をはじめると、長い道のりのなってきますので、自分に合った方法を良く考えてからはじめることも大切です。


サブコンテンツ

このページの先頭へ