マルチブラケットとは

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯列矯正の器具を装着している人を目にしたことはありますよね?

歯の表面に装着された銀色のワイヤーのような装置です。それが今、歯列矯正の最もポピュラーな方法として普及している「マルチブラケット装置」です。

この他にもリンガル・アーチといわれるものがありますが、これは軽度の歯列矯正に用いられてきました。

今ではマルチブラケットの方が一般的な治療法となっています。それは歯列矯正の治療においてマルチブラケットが有効性にも優れ、安全性を確立しているからでしょう。

マルチブラケットはブラケット、アーチワイヤー、第1大臼歯を固定する装置、上顎に当たるパットなどから成り立っています。

マルチブラケットとは、すべての永久歯にブラケットを付け、そこに弾力性のある矯正用ワイヤーを適合させ、その弾力を利用し歯の移動を試みる為の装置です。

装着する範囲については、患者さん個人の状況や症状に応じて全ての歯に装着する事もあれば、矯正が必要な部分だけの装着となることもあります。

マルチブラケットはエッジワイズ法が基本になっています。

この方法は歯列矯正に必要なブラケットに様々な種類の弾力線を装着するというのが一般論になっています。

マルチブラケットといっても使用される弾力線の種類やブラケットの材質は沢山ありバラエティー豊かです。

一般的に私達が歯列矯正器具として認識している、金属製のものが一番良く使用されていますが、これ以外にも種類はあります。

歯列矯正をするにあたりマルチブラケットは絶対に必要なものではありますが、同時にこれを装着する事に抵抗感がある人も少なくありません

特に若い女性は抵抗を感じてしまうかもしれませんね。

そんな方にも抵抗なく歯列矯正が受けてもらえるようにと様々な材質のブラケットがあります。

セラミック、硬質レンジなどを材質としたブラケットがそうです。

歯列矯正は、長い期間の治療が必要になる為、患者さんにかか負担を、肉体的にも精神的にも軽くする事が大切になってくるのかもしれませんね。

昔と比べれば、弾力線の種類やブラケットの材質等選択の幅は大きくなっています。

生活に密着した治療になりますので、自分がどういったものを選択するのか下調べをしておく事も大切ですね。


サブコンテンツ

このページの先頭へ