顎関節症(あごかんせつしょう)とは

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯列矯正が有効な症状の中に顎関節症(あごかんせつしょう)があります。

顎関節症は歯学が関わる症状としては珍しく、様々な専門分野からの治療法やアプローチがあります。

普段私達が病院に行く場合は、具合の悪い部分によって、胃がおかしいなら内科、足の調子が悪い時は整形外科といった専門科を受診し治療します。

合併症などの注意が必要な疾患がない限り、他の分野の医師が提携して治療を進めていくといった事はほとんどないといえます。

これはそれぞれの専門分野を極め治療成果をつんできた実績もあるからでしょう。特に大きな大学病院になればこの傾向は強いようです。

その為に症状や病気によって細かく分類された専門科があり、それぞれの科で専門的に治療を行い症状の改善をはかります。ですので歯科系列の大学病院では、顎関節症のような顎関節に関する症状を専門とする顎関節専門科を設置している場合もあります。

他にも歯科医師を含め歯科学を専門とする病院では、クリニックではそれぞれの専門分野の視点から顎関節症への治療法やアプローチを行います。一般的には、顎関節症で病院を受診する場合は口腔外科の医師が担当する事が多いようです。

顎関節症の症状は、額関節からの異音、痛み、開閉における口の運動の制限などが見られ、そこからの頭痛やめまいといった症状があります。

実際にこの症状に悩んでいる方の苦痛は相当なものでしょう。

しかしながら、ひとくくりに顎関節症といってもその症状や程度も人により様々です。

ですので顎関節症が起こる原因については様々な専門分野からの諸説が存在しますが、患者さん個人の症状の原因を明確に追究する事はとても難しく困難な事です。

とはいうもの、顎関節症が起こる定義というのはあります。

顎関節症は下顎頭と関節円板、関節窩の3つ、また上下の歯列の噛み合わせ、これに直接的、また間接的に影響を与える筋組織等の不具合によるものといえるようです。

顎関節症を訴え、歯科医を訪れる方は少なくないです。もちろん矯正が必要な場合もありますが、内科的な処置を優先した方がスムースに行くことが多いです。

また顎関節症をうったえる患者さんの中には咬み合わせの悪さ、不正咬合が見られるケースも少なくないです。

顎関節症という名前だけに不具合の原因は顎関節だと思い込み勝ちですが、噛みあわせが原因である場合は歯列矯正などで改善する事が考えられます。

意外に噛みあわせが原因で起こる不調は多いといえそうです。


サブコンテンツ

このページの先頭へ