歯列矯正の体験談をご紹介

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯並びやかみ合わせに不具合がある方にとって歯列矯正というメスを使わない治療法はとても興味のあるものではないでしょうか?

治療法や価格はもちろんの事、実際に歯列矯正をした方の話を聞きたいと思いますよね。

そこで歯列矯正体験者の体験談を紹介したいと思います。

体験者は現在22歳になる女性のお話です。

「私が歯列矯正を始めたのは小学5年生です。母が何かの折に私の口の中に八重歯を見つけたことから始まった事を覚えています。母が近所や親戚等からのクチコミ情報を元に歯科医を選びました。今では保定期間に入っていますが、小学5年生からはじめたことを思えば人より治療に時間がかかってしまったかもしれません。歯が虫歯になるといったトラブルや、私自身が装置を付けるのをサボってしまった事もあったからかもしれませんね。」

「私が付けた装置は次のものでした。はじめに上の奥歯に装置をひっかけるための器具を付けましたそれから就寝時のみに付ける装置、そして奥歯を移動させ、下の歯列を広げる為入れ歯の様なの装置も付けました。子供の時期の事ですから、毎日夜に2つ装置を付けるということは面倒でもあり大変な事した。私の場合は抜歯もしました。以前治療した舌の奥歯は治療の際に半分以上なくなっていたのでその歯を抜歯し、親知らずを持ってくる事で奥歯を作ろうというものでした。これはお医者さんの判断です。抜歯当時はなくなった奥歯の部分に違和感を覚えましたが、時間がたってしまった今では自分の奥歯が1本なくなった記憶も定かではないくらいです。」

「歯列矯正の治療においてつらかったのは、やはり装着器具についての事です。その当時最もポピュラーなマルチリンガルです。何かを付けているという感覚はすぐになくなりましたが、とにかく最初は痛みに耐えるのが大変でした。あまりに痛くて我慢ができないときは少し緩めてもらったりといった対処もしてもらってきました。後、どうしても食べ物のカスが装置に絡まったり挟まったりで取れにくいというのも難点でしたね。今は保定期間に入っていますので、保定装置を使用しています。主に就寝時の使用ですが、私の場合は下の前歯の裏側にもワイヤーを付けています。大人といわれる年齢になっても装置を付けるのが面倒だと感じてしまう事は度々あります。ですが、鏡や写真で自分の整った口元を確認するとやはりつらい歯列矯正をしたことは無駄ではなかったと思います。」

これは体験談の一つです。歯列矯正を行うにはそれぞれの理由や経緯がありますが、治療をはじめようと思っている方にとっては大変参考になるのではないでしょうか?


サブコンテンツ

このページの先頭へ