費用が気になります

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯列矯正を始める前に知っておきたい情報といえば治療費のことでしょう。

歯列矯正で保険が適用となるケースはいいのですが、保険適用外の場合がほとんどといえます。

この場合は自由診療となりますので、歯列矯正の治療費の設定は各歯科医に任せています。

ですから、何処に通うかによって治療費には大きな差がでてきます

しかしながら治療費の目安のようなものがないと怖くて相談にもいけませんよね。

そこで全国的に差のない国立大学の付属病院を例にとって見ましょう。

金属のブラケットを付けて約2年くらいの治療を受けた場合、個々の状態によって変わってきますのであくまで目安ですが70万~80万といったところです。

そして、私立の大学付属病院である日本大学歯科病院の場合で75万円+精密検査にかかる費用、昭和大学歯学部附属病院で治療にかかる費用は70万円+3000円×治療回数といった設定になっています。

開業医の治療費に関しては前述のように自由診療なので一概にはいえませんが、大体の基準としては、基本料金プラス調整量(100万円+5000円×治療回数)、治療費の総額が決まっている(120万円)という2種類に分かれます。

基本料金プラス調整量(100万円+5000円×治療回数)の場合、治療期間が予定よりも延びれば当然必要になる料金が多くなってきます。

治療費の総額が決まっている場合は、追加の料金の心配はないでしょう。

また目立たない歯列矯正として人気のある、裏側からの矯正の場合100万前後というのが平均的な数字です。

歯列矯正の治療費は一般的な基準で考えても決して安いといえるものではありません。ですが、この価格設定が高すぎるという事ではなさそうです。

歯列矯正が日本よりすっと浸透しているアメリカでも130万~150万位かかるそうです。
それを考えれば妥当な数字なのかもしれません。


サブコンテンツ

このページの先頭へ