医療費控除はあるの?

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


美しい歯並びを手に入れるための安全な手段といえば歯列矯正です。

子供の頃、歯列矯正をしている友達を目にした経験は、誰でも1度くらいはあるのではないでしょうか?

その為歯列矯正は、子供の時期に限った治療法だと思われがちですが、実は成人してから歯列矯正の治療を受ける人も意外と多いのです。

笑顔や表情に自信が持てるといった人生の中でとても重要と思えるメリットがたくさんある治療法なのですが、なんといっても歯列矯正の難点は治療費の高さです。

歯列矯正は虫歯の治療のように保険適用ではないので、リーズナブルとは決していえないお値段を提示している歯科医も多くあります。

その上治療期間が長いのですから、当然料金も高くなってしまいます。

そこで利用したいのが医療費控除の制度です。
歯列矯正も医療費控除の対象となる場合があります。

もし料金の事が気になって歯列矯正の治療に踏み出せないというのでしたら、1度医療機関や市役所などに問い合わせてみてはいかがでしょうか?

ちなみに医療控除を受けるには確定申告が必要です。

これは自己申告制なので時期が来たら忘れずに手続きしましょう。

医療費控除とは、申告者本人が、本人もしくは申告者と生計を共にする配偶者や親族の多額の医療費を支払った場合、所得控除の適用があり、税金の軽減、還付などを受けられる制度のことです。

配偶者や親族は必ずしも扶養家族である必要はありません。

適用される親族の範囲は6親等以内、血族と3親等内の姻族(本人、配偶者、子供、兄弟姉妹、両親、祖父母など親族で生計を一緒にしている人)に限り受け取る事ができます。

所得や他の控除額にもよりますので、いくら控除されるかは明言できませんが、申告すれば控除される可能性はあるのですから、知っていて損はない制度です。


サブコンテンツ

このページの先頭へ