デメリットはなに?

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


何か一つの選択をするときにどのような選択をしたとしても物事には必ずメリットとデメリットがあります。

それは医療における治療にも言えることです。ここでは切らずに歯並びを美しくする方法、歯列矯正のメリット、デメリットについて考えていきたいと思います。

特にデメリット面に注目してみましょう。

歯列矯正をするにおいて最大のデメリットは、費用がかかることです。

これは歯列矯正は健康保険の適用外であることが原因となっています

歯列矯正の賞金設定は各歯科医の意志のよってきめる事が出来ますので、明確に金額を出す事は出来ませんが、一般的な基準としていうなら50万から150万位が多いようです。

手軽に出せる金額ではありませんよね。

しかし治療の趣旨によっては保険が適用になるケースがあります。例えば機能障害をともなう先天性の咬合異常、外科手術をともなう顎変形症の治療の場合などです。

また18歳以下の子供の歯列矯正には医療控除が適用されます。大人でも治療の種類によっては医療控除を受けられる事もありますので、一度問い合わせてみましょう。

歯列矯正はかかる費用もさることながら、治療期間が長い事もデメリットといえるでしょう。歯列矯正とは歯を少しずつ動かす事によってきれいな歯並びを手に入れる方法です。

歯はそんなに一期に動いてはくれませんので、当然長い期間を要する事になります。

歯列矯正の治療期間は、歯の状況や状態によってかなり個人差があるものなので一概にはいえませんが、平均すれば2年間位でしょう。

歯列矯正をしている間も通院が必要ですので1・2ヶ月に1度とはいえ、手間と時間をとられる事になります。

そして歯列矯正の治療において欠かせない装置も患者にとってはデメリットになってしまいます。

歯に付けるのですから、違和感や食事がしにくいといった不都合が起こってくることもありますし、装置との接触によって口内炎が起こることも少なくありません。

歯の表面に装置をつける場合は、どうやっても人目についてしまいますので、そのことがストレスになってしまう可能性もあります。

以上は歯列矯正によって良く起こるデメリットです。

歯列矯正の成功は本人の強い意志と歯科医の腕にかかっているといっても過言ではありません。歯列矯正を繰り返した結果、歯根が解けてしまったり、肩こりや鬱になったケースもあります。

信頼のできる歯医者さんを選ぶことが大切です。


サブコンテンツ

このページの先頭へ