病院・専門医選びのコツ

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯列矯正を受けていた、または現在も治療中だとおっしゃる方もきっと多いことだと思います。

どんな場合にも言えることなのですが、治療するにあたって患者と医師の相性はとても大切な事です。

歯列矯正は治療に長い期間を要するだけに治療の成果を感じるためにも自分に合う歯科医探しは重要になってきます。

しかし歯医者の数は想像以上に多いものです。

その中から自分にぴったりの歯科医を探し出すというのは大変な作業です。そこでいい歯科医選びのコツを紹介したいと思います。

一般人からみれば「矯正歯科」の看板を掲げていれば、専門の歯科医がいるように思ってしまいますよね。ですが、現在の法律では歯科医師の資格を持っていれば「矯正歯科」を診療科目として掲げる事が可能です

ですから「矯正歯科」というだけでは矯正歯科のスペシャリストであるかどうかは判断できないのです。

歯科クリニックで矯正歯科を掲げている場合、一人の歯科医が全ての診療科目を請け負っている、または非常勤の歯科矯正医師がいる、歯科医のほかに矯正専門医を置いているといったケースが考えられます。

このような場合、歯列矯正のほかに歯のトラブルが起こった際は便利といえます。ですが歯列矯正の治療経験や、設備の充実といった所に目を向けた場合「矯正歯科専門の医院」の方が安心だといえます。

矯正歯科専門の開業医が安心な理由は他にもあります。

看板や広告には表示できない事になっている為、あまり一般的には認知されていませんが、全国的なネットワークである日本矯正歯科学会には、歯科医の質の低下を防ぐための認定医制度があります。

歯科医師としての資格とも言えるものです。

これは5年ごとに研修履歴や論文を更新しなければならないというものです。

更にその上には12年以上矯正歯科診療に専念し、研修機関で3年以上の教育や研究にあたった医師に与えられる指導医というものもあるそうです。

自分の住まいの近くにこのような歯科医がいるかどうかは、日本矯正歯科学会のホームページにて都道府県別に調べる事ができますので、是非参考にしてみて下さいね。

またどの歯科医でも歯列矯正や他の治療に対する相談を受け付けています。

治療をはじめる前に相談に行ってみるのも医院選びの参考になります。

きっちりとした治療方針や金額を提示してくれるか、やたらに治療を進めてこないか、スタッフの対応は丁寧か、といったことも判断の基準になります。


サブコンテンツ

このページの先頭へ