外科矯正は大人になってから!

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


矯正器具を用いて歯並びや噛みあわせを整える歯列矯正。

メスを使わない方法です。ですが中には歯列矯正において外科的処置が必要になってくる場合があります。歯列矯正の外科処置が必要な症例として代表的なものが「骨格性下顎前突」の治療です。

外科矯正は、大人にのみ適用される治療法です。

遺伝的な要素も大きく関与している「骨格性下顎前突」。自分も「骨格性下顎前突」の傾向がある場合、子供を思う親心としては小さいうちに何とかしてあげたいと思うものです。

ですが子供のうちに外科矯正をすることは出来ません。

まだまだ成長段階にある子供の体のことはたとえ熟練された技術と知識を持つ歯科医師であっても、予測の範囲でしか解らず、断定する事はできないのです。

下顎に対する骨きり術といった外科矯正は、成長が終わってからの治療法と考えておきましょう

ですから治療時期は子供の成長期の事を考えれば、どんなに早くても中学生以降と思っておいた方が良いでしょう。

「骨格性下顎前突」以外にも外科矯正が必要な症状として「顎変形症」があります。この症状も成長段階に何かしらの異常や変形を起こした状態です。

ですので成長途中で治療するよりも成長が止まった時点で治療を受けた方が、より成果が期待できるといえます。

また、これらの治療には保険が適用されます。

さらに気になる術後の変化についても、骨を外科的処置によって矯正するのですから、その効果は「自分ではないようだ!」と感じる方もいるほどです。

大人になるまで悩んでいた方にとっては、新しい人生のはじまりといっも過言ではないのではないでしょうか?

外科矯正に比べれば、歯列矯正は骨を削るといったこともなく症状も軽いため簡単な事のように思いますが、今まで悩んできたことをクリアにし、人生を明るく前向きに生きることが出来るチャンスになる可能性がある治療という点においては、患者さんにとって非常に大切な治療ではないかと思います。


サブコンテンツ

このページの先頭へ