食事をする際の注意点

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯並びが気になる場合に行う歯列矯正。

抜歯や手術の必要もないので、大人の歯が生え揃った頃から始める人も少なくないです。

ただし、治療期間としてはとても長く、特に歯列矯正を始めたばかりの頃は、慣れない歯の装着器具に対して違和感を覚えたり、痛みを感じることも少なくはありません。

口は日々の生活にとても深く関与している器官であるだけに、痛みや不快感がある状態が続くのはつらいものです。

長く続く治療だけに、何とか解決したいと思うものです。

歯列矯正のストレスを少しでも軽減できる方法が、食事の工夫です。

まず極力避けた方がよい食べ物を紹介しましょう。
餅・ガム・キャラメル・せんべい等です。

食べ物の食感や性質を考えればタブーの理由は想像がつくことと思いますが、全て弾力があり粘性の高いものですよね。

また張り付いてしまうとなかなかとれないという特性を持ったものばかりです。後々、大変な思いをするのは自分ですからできれば避けて通りたいですよね。

意外な事に飴は大丈夫なんですよ!でも噛んでしまうと同じようにくっついてしまいますので気をつけましょうね。

歯列矯正中の人にとって、引っ付く食べ物と並んで厄介な存在なのが装着器具に絡まる食べ物です。

ねぎやほうれん草、金平ゴボウといった体によさそうな食べ物たちにも要注意です。植物繊維がたっぷりなのが仇になって一度絡まってしまうとなかなか取れません。

そしてパンやチョコレート、お饅頭も歯列矯正の装着器具の間に挟まってしまうとなかなか取れませんので注意が必要です。

あまり神経質になりすぎると気分的にもつらくなってしまうので、注意すべき食べ物のリストを頭の隅においておくだけでも随分違うのではないでしょうか。

もし歯が痛くてしょうがない時は、無理は禁物です。

あまり噛まなくても飲み込めるもの、そして噛まなくても胃に消化の負担をかけない食べ物、豆腐、卵豆腐、温野菜、スープ、うどん、ヨーグルト、おかゆ、豆乳、ゼリーといったものでうまくしのぎましょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ