子供には時期をよく考えて!

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


歯列矯正は手術の必要もなく、歯並びが悪い、歯に隙間があるといった歯の問題を解決する方法です。

ただし、治療には長期間の歯科矯正器具の装着が必要になってきますので、歯列矯正を始める時期や日常生活において工夫や注意が必要だといえます

成人になるまでにキレイな歯習びにしてあげたいと思う親心から、小中学生から歯列矯正を始めるケースも少なくないでしょう。

ですが反面、子供の日常生活、食事や学校生活またはクラブ活動や運動といったことに支障はないかどうか心配される事もあるかと思います。

食生活に関しては、痛みを感じやすい初期は、食材を細かく刻む、食べやすい柔らかめの食材をチョイスするなどの工夫をしましょう。

歯列矯正によって食べる事が出来なくなる食べ物はありませんが、器具に挟まったりくっついたりしてしまうと、後の処理が大変になってしまう食べ物がありますので注意しましょう。

具体的には粘着性のあるガム、飴、キャラメル、餅、とても固いお煎餅、氷、するめやフランスパンなどの噛み切りにくい食べ物などです。

そして歯列矯正のスタートは、どうしても今の時点で歯列矯正をしなければいけないと言うような極端なケースを除いては、歯科医師も治療開始の時期は考慮する事が多いです

受験前や試験前から開始するのでは歯列矯正する本人にも必要以上のストレスになってしまうからです。

もし現在治療中でも相談すれば、受験に集中できるように歯列矯正の装着器具を一時期緩める事も出来ますので状況に応じて相談してみましょう。

また柔道やラグビーといった歯に対しての衝撃があるスポーツには専用のマウスピースを作ってもらうという方法もあります。

歯列矯正は装着器具を付けなくてはいけないため、口を使う動作(管楽器を吹く・英語の発音)が少し難儀に思うこともでてくるかもしれません。

しかし、これは装着に慣れてくるとともに段々解決してくる問題なので、そんなに心配は要りません。

ですが、人前で「話す」ことを仕事にしていらっしゃるアナウンサーや歌手・俳優といった職業の方は、少しの不便さがお仕事に影響してくる事もあるでしょうから、まずは歯科医師と相談してからはじめましょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ