受験や妊娠、出産などの予定がある方は

>>自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング


口元をキレイにしたいと大人になってから歯列矯正をはじめる女性もいらっしゃいます。

そこで出てくる女性ならではの問題が、結婚と出産です。

結婚に関しては歯列矯正が影響する事はありませんが、結婚式などは一生に一度の大切な思い出ですから、できるだけキレイにしたいと思うのは女性としては当然の望みです。

そのような場合は一時的に見える部分の装着器具をはずすといった対策も出来ますので、何事も担当の歯科医師さんと良く相談しましょう。

しかし再装着には料金がかかりますので、後で焦らないためにもきちんと問い合わせてからしましょうね 。

そして女性にとっては妊娠の問題もありますね。

歯列矯正中に妊娠したからといって、それ自体が問題になる事はありませんが、妊娠中はホルモンのバランスが通常と異なってきますので、歯茎がはれるといったことも起こり易い状態になります。

歯磨きを念入りにするなど歯の清潔を保つように努力しましょう。

妊娠期から歯列矯正を始めることは、抜歯やレントゲン、投薬の必要性もあるため、時期を見送った方がよいでしょう。

これは別に歯列矯正に限ったことではなく、アトピーなど他の治療についても同じことが言えます。

また出産時には、一度治療をストップした方がよいので、妊娠がわかったら今後の治療も含めお医者様と治療方針についてお話することをお勧めします。

女性にとって結婚から妊娠、出産は人生の中でも大きなウエイトを占めているので、できるだけストレスなしにこなしていきたいですよね。

歯列矯正の治療はその後、いくらでもできますから、まずは大きなイベント時には避けた方が無難です。


サブコンテンツ

このページの先頭へ