AQB(Advanced quick bonding)とは

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


インプラント治療に用いられるインプラントには数多くの種類があるそうです。

数あるインプラントの一つにAQB(Advanced quick bonding)インプラントというものがあります。
AQBインプラントとは、純チタンと再結晶化ハイドロキシアパタイトという材料から作られています。

骨の成分の一つであるハイドロキシアパタイトは、骨と直接結合する優れた性質を持っているそうです。
インプラント手術には1回で手術が終わる方法と2回に分けて手術を行なう方法があります。

AQBインプラントは基本的に手術が1回で済む方法です。
また、噛めるような状態に戻るまでに必要な期間も約2ヶ月間とても短い期間で回復しますので、手術を受ける人への負担がとても少なくて済みます。

その為、現在ではたくさんの歯科医院で、AQBインプラントが使用されています。

メリットばかりのAQBインプラントですが、もちろん他のインプラントと違いデメリットもあるそうです。
それは、手術を1回で行なうために2回に分けて手術を行なった場合と比較して成功率が下がるようです。

手術を2回行なう方法は、時間と手間がかかる分成功率も高くなるようです。

AQBインプラントを使って手術を1回で済ませたい場合でも、デメリットなどについて医師と十分に相談した上で選択したほうが良いのではないでしょうか。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ