手術時のトラブルはある?

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


マスコミでも話題になることが多く、身近に感じるられるようになったインプラント治療ですが、インプラント手術はトラブルの起きることのない簡単な手術ではないようです。

実際に手術後に、さまざまなトラブルが起きています。
トラブルの程度には個人差がありますが、痛みの場合は普通長くても1週間程度で落ち着くようです。
それ以上長く続いてしまう場合には、骨がやけどしてしまっていることも考えられるでしょう。

骨がやけどをしている場合には、薬で症状を落ち着かせて様子をみるか、インプラントを除去しなくてはいけないこともあります。

腫れは普通は心配はありません。
けれど、下あごのインプラント手術後に極端に腫れてきた場合には、下あご内の血管に傷が付いてしまっている可能性があり、この場合には早めに処置をしなければいけません。

出血は、血がにじむ程であれば特に心配はないそうですが、上あごを手術した場合には鼻血が出ることもあります。

また比較的多いトラブルとして知覚障害があります。
知覚異常になる原因は、インプラントが神経に近い場所にあるためと言われています。

知覚過敏になってしまった場合の治癒までに必要な期間は、短くて6ヵ月程、長くかかる人では7~8年くらいかかることもあるようです。

手術時に神経を切断してしまった時は、知覚異常の治癒は難しく、半永久的に異常が残ってしまうことがあります。

その他に考えられるトラブルは、インプラントの長さなどの選択を間違えたり、2次手術の時期が早過ぎたなどの理由で1~3年ほどの短期間しかインプラントが持たない場合があるそうです。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ