手術の成功率は?

インプラントは神田、新宿、横浜にある≪アイデンタルクリニック≫


実際にインプラント治療を受けるためには外科的手術が必要になるので、その成功率はとても気になるところです。
せっかく手術をするのですから、成功させたいですものね。

歯科治療のために手術を受けると思うと大掛かりなイメージですし、やはり手術には少し怖いようなイメージがあります。
インプラント手術の成功と失敗はどのような基準で決められるのでしょうか。

まずは手術そのものが成功することが必要で、インプラント手術後に腫れや痛みが無く、きちんと噛める状態で見た目も綺麗であることが必要です。

その上で、患者さんの快適な状態が最低10年以上続くことが求められるそうで、この2つの条件をクリアして初めて成功と言えるそうです。

現在ではおよそ96%ほどの患者さんが、インプラント手術を成功しているということです。
この96%という数字は外科的手術においては、とても高い成功率なのです。

残念ながら失敗してしまったケースとは、インプラントが口内でしっかりと結合される前に細菌などに感染してしまったり、歯磨きや定期的なメンテナンスを怠るなどの理由で、早い時期にインプラントが脱落してしまう場合です。

けれど、もしも何らかの理由でインプラントが脱落してしまっても、半年ほどの期間を置くことでインプラントの手術を再度受けることができますよ。


↓ホームホワイトニングに最適↓
歯科医も大絶賛!薬用トゥースメディカルホワイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ